不安障害について

不安障害イメージ

日常生活を過ごしている際に、不安を覚えることはよくあります。このこと自体は人に備わっている能力のひとつであり、とくに問題はありません。しかし、その不安が過剰になり、本来は警戒する必要のない状況でも恐怖を覚えてしまうことがあります。このような状態に陥り、日常生活に支障がでてしまうことを「不安障害」と呼びます。代表的な不安障害としては、パニック障害、社会不安障害、強迫性障害、全般性不安障害などがあります。
当院では症状に合わせて薬物療法、また、不安との向き合い方を患者さまと話し合いながら症状改善を目指します。