適応障害について

適応障害イメージ

適応障害は、ストレスなどをきっかけとして、様々な心身の症状が現れてしまい、社会生活に支障をきたす病気です。このような状態に陥るきっかけとして多いのは、生活環境の変化です。新しい土地に引っ越す、学校を卒業して就職する、転職する、職場での昇進・配置転換などによって起こりやすくなります。患者さまにもよりますが、通常は生活の変化や強いストレスのかかる出来事が生じてから1か月以内に発症します。

適応障害に陥っている原因が明らかなときは、その原因を解消するように努めます。こうした環境を整備し、ストレスなどが起こりにくい状態に努めれば症状はだんだん和らいでいきます。ただし、実際には対応が難しいケースも少なくありません。職場環境などが是正されるよう、産業医などと連携をとっていくこともあります。さらに、睡眠導入剤や抗不安薬などを使用することもあります。